1982年製造 生産台数の少ない EF58 青大将(グリーン)塗装

スパーギア&MV-8モーターで駆動する タイプの製品で 走りも造形もバランスの取れた 職人技の光る工芸品

サイズは日本標準サイズ HO 1/80 16.5mm

SG装置(蒸気暖房機 スチームジェネレーター)を搭載した このEF58は パンタグラフ下に ベンチレーターを装備、1984年に再販された 青大将では 大型の排気口に変更されているため バリエーションがいくつかある

パンタグラフはPS14型 真鍮線をはんだ付けした手作りのお品。

細かいパーツ一つ一つを見ても1970~80年代当時にこれだけの技術と精度を出せていた天賞堂にはお抱えの良い職人と 良い下請け網、販売網があったことを思い出される

当時新品で購入した マニヤなお父さん方は 夜な夜なこのモデルを眺めて 明日への活力としていたことでしょう。

塗装面も比較的綺麗に残っており、丁寧な仕事にただただ関心されるばかりである。

現代の 日本において 真面目に 確実にものづくりをしているメーカーがまだどれだけあるだろうか・・・そんなことを問いかけてくるような気がするEF58のお姿

実際のEF58は 1950年代に東海道本線 こだま型電車151系登場前に特急つばめをけん引していた車体である。

特急つばめは茶色の客車に展望車、一等車、食堂車等を連結し戦後復興の日本の大動脈を走り続けた、昭和30年代に起こった鮮やかな色を施した製品の 登場


例えばラジオ等の家電製品 それまでは木製の木目だったものがカラフルに塗装されて 製品として世の中に出てきた。 そのほか、車や飛行機、鉄道等にも色が出てきた時代であったことでしょう。

青大将もそんな背景から 淡い鶯のような色に塗装され、黄色の帯をまとい 颯爽と東京~大阪間を走り抜けていた。

今回の製品は そんな色鮮やかな 特急つばめをけん引していたEF58の 特急専用けん引機 EF58 青大将塗装 天賞堂製 モデルをご紹介させていただいた。

今後 細かい部分で レストア予定

2019年8月後半